東京大学生産技術研究所 橋本彰 研究室は、
「先進ものづくりシステム連携研究センター」
CMI:Collaborative Research Center for Manufacturing Innovation)
のメンバーとして、2013年4月より新たに活動を開始しました。
Akira Hashimoto Laboratory has had a new start
as a member of
CMI (Collaborative Research Center for Manufacturing Innovation) from April 2013.


航空機は、安全性と経済性の追求により、高強度軽量材料である炭素繊維複合材や
チタン材の採用が急速に進んでいます。
産学官の連携により複合材加工技術、高速切削技術等を革新的に進歩させ、
航空機製造技術の高度化を目指します。
In order to improve safety and reduce costs, more high-strength, lightweight materials such as CFRP and Titan
are being used in aircraft.
With cooperation between industry, academia and the government,
we aspire to improve aircraft manufacturing technology with innovative progress
in composite material processing technology, high-speed cutting technology etc.

〒153-8505
東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学生産技術研究所
As513号室

03-5452-6778(TEL)
     56778(EX)
03-5452-6779(FAX)
The University of Tokyo
Institute of Industrial Science
4-6-1 Komaba Meguro
Tokyo, 153-8505 JAPAN
KomabaUCampus As 513

© Akira Hashimoto Lab 2013